図面トレース・cadデータ変換


『会社URL:https://setup-asdesign.com/

Magnificent・Log

図形トレースやcadデータ変換は作図専門会社「株式会社 セットアップ」にお任せください。専用スキャナと専用ソフトを使用し、建築図面・土木図面・機械図面などの手書き図面を線データに変換いたします。図形のことなら何でも、お気軽にご相談ください。

設計事務所の関連情報

設計事務所(せっけいじむしょ)とは、設計活動を主とする営利の業務をおこなっている職場、事務所の呼称。設計業務を事業者として行う者の職場・事業所などを指す。
※テキストはWikipedia より引用しています。

様々な図面を取り扱っているSet upでは、手描きの設計図のデータへの変換を依頼することができます。図面トレースに専用のカラースキャナーとソフトを使用し、A3サイズで3000円からというリーズナブルさを実現しています。サイズはA4からA0までで、建物や土木といった建築関係から機械の設計図まで幅広く対応できます。ソフトで行なわれるのは主に紙に現れる染みや色の誤差といった斑点の除去と線のデータ化で、一度加工に適した画像データの扱いになります。その画像をCADを使用して線をトレースしていき、最終的な形式になります。CADでトレースする際には元となる手描き図面と比較して、寸法や文字も含めて1箇所ごとに確認されます。従来はトレーシングペーパーを使用して長時間を掛けて行なっていた作業を、自動化に任せて数時間程度に収めることが可能です。読み取りの際に調整する性能も高くなる傾向があるため、更なる精度の向上が期待できます。またすでにCADデータ化してある設計図を変換することも可能で、DWGからJWWへの変換といった内容であれば即日あるいは翌日の対応ができる場合もあります。様々な業種がある中で、図面を専門的に取り扱っている会社だからこそ実現できる迅速さです。CADデータには対応させたソフト次第では別の場所では開けないということにもなり得ますが、その解決にも利用できます。CAD変換の方法には大きく分けて3通りがあり、ペーパー空間変換と縮尺の変換を付け加えるかを選択可能です。ソフト単体ではモデル変換のみですが、ペーパー空間変換だと複数の種類に対応したソフトが加えられ、異なる形式に変換されます。そこからさらに縮尺変換をする場合は、データ内にある縮尺と用紙のサイズが1枚ずつ確認され、手が加えられていきます。また線の色や属性に対して希望があれば、変換対象となっているファイルにある全ての項目で指定した内容に変えることができます。
Tagged on: , 図面トレース・cadデータ変換