株式会社ソーケンアービック


Magnificent・Log

機械の冷暖房ばかりに頼らず、自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県のように夏暑くて冬が寒い地域では、季節による温度の変化が大きくなります。その際に、断熱を十分に行っていないと、冷暖房の効きが良くありません。注文住宅を建てる場合、断熱にも力を入れることが重要になってきます。断熱にも種類がありますが、その一つに外断熱という方法があります。外断熱は、建物の外側に断熱層を設置して、建物を外気から断熱することで、建物内の熱を逃がさないようにするものです。外断熱の良いところは、建物の躯体が室温と同調することができ、室内に結露が発生することを抑え、カビやダニの被害を抑えることができます。また、室温の変化を少なくすることができるので、冷暖房の効率を良くすることができます。
Tagged on: , 株式会社ソーケンアービック