京生麩のお店 愛麩


『会社URL:http://www.manafu.jp

Magnificent・Log

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり・にっぽんりょうり)は、日本でなじみの深い食品を用い、日本の国土、風土の中で発達した伝統的な料理をいう。日本食とも呼ばれ、日本風の食事を和食と呼ぶ。食品そのものの味を利用し、旬を大切にする特徴がある。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石などの一定の形式をふまえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。 2013年11月、「和食」の無形文化遺産への登録が、ユネスコの事前審査で勧告され、同年12月に登録された。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京都ならではのおいしい味はたくさんありますが、忘れてはいけないのは「お麩」です。京都のお麩は特別に「京都麩」と呼ばれます。特別なものなのに、お麩が地味な存在に感じられるのか、ほんとうの魅力を知らない人が多いようです。お麩は、豆腐と並び称される健康食品です。中国に渡来した僧りょによって伝えられました。宮廷料理にも使われていて、いろいろな工夫が加わり、洗練されたものになっています。便利に使うことができるので日本全国に広まり、どこにでも見られる食材になりましたが、やはり京都麩は、現在でも特別です。それは京都麩を知りつくした職人が、伝統を守りながら、新しい京都麩の可能性を感じさせてくれる製品を提供してくれているからです。田楽と木の芽味噌。お麩料理と聞いて、その位しか思い浮かばないとしたら、京生麩のお店【愛麩】のサイトにあるメニューを見て驚くでしょう。ツナマヨ、明太マヨ、チリソースなどと京都麩の取り合わせは、京都麩の生麩だからこそ。口にするたびに心も揺さぶられるようです。甘いものとの組み合わせがお好きな方には、はな麩ぜんざいもあります。こんなユニークさも、京都の伝統と絡み合っているので、より新鮮なものになります。また、メニューからは、見た目の美しさも分かります。目でも味わうことができるのが、古くて新しい京生麩です。食する場所も大切です。お店の所在地は、京都の中でも格別な存在の平安神宮境です。落ち着いたお店の建物も確認してください。京生麩の伝統と現在を感じるのにふさわしい雰囲気です。平安神宮の境内図はお店のサイトでも確認できますから、平安神宮にお参りする際には、お店もチェックしてください。お麩が健康に良いことは知られていますが、忘れられていることの一つが脳の発達を促すことです。小麦粉の麩質であるグルテンは上質なタンパク質で、脳に働きかける高濃度なアミノ酸が豊富です。体にも脳にも良い京生麩を伝統を感じながら味わう。そんな体験ができることが、このサイトでわかります。
Tagged on: , 京生麩のお店 愛麩